Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//(改)カウンセリング、自己啓発、【ゲシュタルトセラピー】の違いとは???❓

お知らせ・ニュース!

(改)カウンセリング、自己啓発、【ゲシュタルトセラピー】の違いとは???❓










⭐【傾聴中心のカウンセリング】では、なかなか自分の悩みの世界から抜け出せません。言葉で認識した世界でのやり取りだから。もちろんカウンセラーが「その時に気持ちは?」などと質問して、深めてくれたりもしますが..。


そして、これまで人には話さなかったことを受容的に聴いてもらえると、ほっとして、気持ちの整理がつくこともありますね。

ところで昨年の9月に、うちのZoomワークショップで、私とのコラボレーション講師を引きうけてくださった高尾威広=浩志さん(星和書店『ハコミワーク』翻訳者)は、10年ほどロジャーズ派のカウンセリングを学んだ後に、


東大心療内科の講師として来日したリッキー・リビングストンが、高田馬場に創った「東京ゲシュタルト研究所」で、1980年代の後半に、成志と同じグループで3年間学びました。


高尾さんは、私達とは20才近く違って年上です。高尾さんは、その後はアメリカのトランスパーソナル心理学の大学院も卒業。


それは、私が西海岸に留学した時期と重なります。高尾さんは、それと並行して「ハコミワーク」も2~3年学び、翻訳者になりました。


その高尾さんの言葉を借りれば、「ゲシュタルトセラピーの方が、ロジャーズ派のカウンセリングより、7倍から10倍くらい早く進む」ということなんですね。


その理由を考えてみると、カウンセリングでは「感情」までは扱っても、たとえば〈クレヨン画〉や〈夢〉を用いて、「無意識」を扱うことはしないからではないでしょうか。



では【自己啓発】はどうかと言うと、場合によっては「無意識」に働きかけることもあるように感じますね。


(私がこのように言えるのは、セラピストである私も、修業の時代には、カウンセリングや自己啓発も、隣接分野として学んだからです。そして、ワークショップや個人セッションに、随時それらも取り入れています。)

—ここで【自己啓発】に戻ると、時に「無意識」にも働きかけるとは言うものの、


〈一人一人が生まれ育ちの中で培ってきた体験〉および〈両親から受け継いだ資質や発想法〉などの総決算である~「その人の無意識に」ついては、そのままにして進めます。


それで、人によって結果に差が大きいと言えるように思います。


【ゲシュタルトセラピー】では、上の二つとと比較としては、〈クレヨン画〉や〈夢療法〉、〈対話〉〈思い出〉〈イメージセラピー〉などなどを用いて、あなたの「無意識」を浮上させます。


そして、それらのワークによって、あなた自身が〈自らの内面〉を牛耳って来た「深層心理=無意識」という未知の領域に、〈気づき〉を得るのです。


その上で、私達と一緒に、隠れていた〈抑圧〉、〈コンプレックス〉、〈トラウマ〉を解放して癒します。


ですから、やった分だけ着実に進み後戻りがありません。


人生で「いつも私って、どうせ私は..」と感じ続けたり、気がついたら〈同じ失敗を繰り返していた〉という体験や、〈レッテル貼りされた自分〉から、抜け出してゆくことができますヨ!✨


また隠れていたエネルギーや、自他への愛情も吹き出して来ます!これらをもって〈自己成長〉と言うわけですね。


こういう話って、皆さん好きですか?


↘6月9日(木)【家族画】Zoom 1900~21:00
https://www.kokuchpro.com/event/cd3b598844bacbb7dc1341917488dc56/


↘6月23日(木)【夢療法】Z00m 19:00~21:00
https://www.kokuchpro.com/event/cd3b598844bacbb7dc1341917488dc56/


 🔶「まどか研究所」では、ワークショップも秘密厳守の原則。参加者様の⎯宗教の宗派や、心理学の学派は問いません。


また【無料相談】は、いつでも mailto:vsopvsop@d7.dion.ne.jpへどうぞ!!


「まどか研究所」心理相談&夢実現  https://madokainst.com
文責:原田広美










SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧