Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//Zoom10月10日(日)午後 自分のコアへ向かって、そして自分のコアから旅す(夢み)るワークショップ

お知らせ・ニュース!

Zoom10月10日(日)午後 自分のコアへ向かって、そして自分のコアから旅す(夢み)るワークショップ

🔶30年来の旧知の仲である
◆大森仁 http://www.megamiyama.jp/ 女神山ライフセンター主宰、サイコセラピスト と、
◆原田広美
https://madokainst.com/staff
https://amzn.to/3zfoRFq 「まどか研究所」所長 サイコセラピスト が、

🔶あなたの「人間関係」および「自分育て(夢実現)」について、これまで2人のセラピストがさまざまに学んで来たセラピーの技法を用いたワークショップを提供し、サポートします。ジャンポールスキー博士も唱えた「愛と怖れ」のテーマが、主軸になる予定です。
.................................................................................
◆この講座への参加によって、あなたは「人間関係」や「コミュニケーション」について、「愛と怖れ」の視点から重要な気づきを得て、「自分育て(人生の次のステージの夢実現)」の鍵になる何かと、それに必要な新たなエネルギー源を自然と見い出すことでしょう。
....................................................................................

⬛人間関係/自分育て(夢実現)とセラピー
大森仁は、若き日に農業コミューンに憧れてトライするも、人間関係の難しさを知り、カウンセリング、セラピー修行。

1990年のアメリカ3ヵ月修行には 原田広美 と同行。NLP、プロセス指向ワークの他、シャーマニックな癒しも学ぶ。

その他、ゲシュタルト療法、「愛と怖れ(癒し)の心理学」が、大森と原田の共通項です。

その後、アメリカ西海岸のエサレン(オルタナティブな人間性教育に取り組んだ共同体な組織‣研修場で、心身に関する講座を行う/ビッグ・サー温泉)

をイメージした女神山ライフセンターを長野県上田市に創設(1993年~)。

(ゲシュタルト療法のパールズも、晩年はエサレンに招聘されて教えた。それと並行してパールズは、ポストモダンダンスの母と呼ばれたアンナ・ハルプリン(1920~2021)にも、感情の解放や心身の気付き、ドローイング、サイコドラマなどについても教えた。
そのハルプリンも、最晩年にはエサレンでワークショップを持ちました。)

◆原田の人生行路は、文学少女・中高時代はバレーボール→文学を捨てて、民衆演劇ワークショップ→高校の国語教師→学生時代からの心身の解放についての数々の学び→サイコセラピスト(「まどか研究所」開設)→『やさしさの夢療法』著者→母との和解

→そこから舞踏/舞踊評論家 (『舞踏大全』『国際コンテンポラリー・ダンス』)→漱石の神経衰弱を癒すための評論『漱石の〈夢とトラウマ〉』→再びサイコセラピストを仕事の主軸に。

(これまでタイ、欧州3ヶ国、アメリカ、カナダ、欧州11ヶ国に、観光・学び・仕事で足を運ぶ)
....................................................................................

◆また私達は、
―1980年代に、いちはやく日本人の先駆けとして学んだ、
「戦後アメリカのポストモダンの思潮の中で、精神分析を超えて(新たに心身を結ぶ視点を総合的に統合して)生まれ、発展したサイコセラピー(心理療法)の世界観」を土台に、
お話させていただきます。

🔶(9月の講座の講師:高尾威広と、原田広美&成志、大森仁を結ぶの共通項には、リッキー・リビングストンに学んだゲシュタルト療法があります)

🔶リッキー・リビングストンは、コロラド大学に学んだアメリカ人女性のセラピストで、東京大学分院心療内科の講師として石川中教授の下、来日。

🔶その後、高田馬場に「東京ゲシュタルト研究所」(1883「~1990)を開設し、日本で初めて、ゲシュタルト療法の指導者の養成に取り組みました。

🔶「東京ゲシュタルト研究所」の顧問を務めていたのは、フランクㇽ『夜と霧』みすず書房の翻訳者だった霜山徳爾(1919~2009)。

🔶リッキー・リビングストン著作『聖なる愚か者~内なる道化と人生の創造性 ゲシュタルトワークの新地平』アニマ2001

🔶ゲシュタルト療法の創始者:フレデリック・パールズ(1893~1970 ) =元・精神分析医・ドイツ系ユダヤ人は、ホロコーストを逃れ、オランダ、南アを経て..

🔶戦後は、ニューヨークに渡り、「ゲシュタルト療法研究所」を開設。妻のローラやポール・グッドマンと共に、ゲシュタルト療法の創始・発展に努めた。
(◇◇詳細は、追って原田広美のタイムラインでもお知らせしてまいります。
...............................................................................
⭐アート(人生)の、クリエイティヴィティーの、表現の壁の 前に立ち尽くした時にこそ、その 壁 を 内側 から 源泉 に向かって、開いてみよう..今ここで....。

⭐「今ここ」の一瞬は、 人生の縮図 であり..、断片 である..。「今ここ」の一瞬と人生のクオリティーが、自然と一段階..上がります!!!✨☺️

⭐アンナ・ハルプリンにも影響を及ぼした~ゲシュタルト療法ネットワーク

◆9月の高尾威広とのレクチャーとワークショップは、こちら→https://fb.me/e/2sE51nIee
→https://fb.me/e/1HSFZzEqN
....................................................................................

◆内容充実の有料(¥6,000-)イベントです。10月6日(水)19:00~21:00のZoomレクチャー(¥2,000- ) https://fb.me/e/4qcLjsm77 に参加された方は、¥5,000-になります。

....................................................................................

■お申込み方法~10月8日(金)まで
◆メッセンジャー(原田広美 Hiromi Harada)や、電話03-5684-2563 (11:00~22:00 年中無休) およびメール (vsopvsop@d7.dion.ne.jp)でお申込み後、参加費をお振り込みください。

◇確認後、参加のためのZOOM URL をお送りいたします。(送金後、すぐにこちらのコンピューターに連絡が入ります)

◆振込先:三井住友銀行 目白支店 6331279 原田広美 (通常送料¥220-)
◆カード決済の場合には、あなたのメルアドが必要です。お申込み時にメルアドをお知らせください。
(メルアドへ スクエア の カード決済フォームを送付いたします。

そこへ、カード情報をご記入いただければ送金完了)

(カード情報が私に伝わることはありません。送料は不要ですが、こちらの場合は カード決済仲介料があるため、¥5,200- ¥6,250-になります)。
◆お問合せも、お気軽にどうぞ。
では、お申込み&お問合せをお待ちしています。
☆写真は、1990年に仁さんと一緒に行ったサンフランシスコの3カ月コースの仲間達と。
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧